主婦の方が収入を得る際に気になる扶養控除についてお話しします。

手に職をもつ
手に職をもつ

扶養控除について

家庭主婦の方に合った求人を見つけることができいよいよ実際にお仕事をされる際にぶつかる問題が扶養についてです。
扶養控除というのは、世帯の中で収入がないあるいは一定金額より少ない方がいる場合にその人は扶養されているということになり、世帯主の所得税からその人数に応じて所得税などが控除されるものです。
その一定金額というのが世帯主と結婚している方、つまり主婦のみなさんの場合には103万円です。
年間103万円以下の範囲であれば収入があっても扶養控除が受けられます。
では、一定額を超えるとどうなるのでしょうか。
103万円から141万円までの間は段階的に控除額が減っていき、141万円以上になると控除は一切受けられなくなります。
ここまでを聞くとただたくさん稼ぐと税金がかかるという単純な話に聞こえるかもしれませんが実はそうではありません。
控除を満額受けられる場合、つまり奥さんの収入が103万円以下の場合の控除額は38万円です。
そして141万円稼いだら控除は受けられませんから控除額は0円です。
何かにお気付きでしょうか。
103万円分働いた場合の手取りと141万円分働いた場合の手取りが同じになってしまうのです。
税制の隙間ですが知らないと少し損をしてしまいます。
収入が103万円を超えないよう計算するか、あるいは超えるのであれば141万円を大幅に上回るようでないと損をしてしまうので注意しておきましょう。

関連リンク

イチオシサイト



Copyright(c) 2017 手に職をもつ All Rights Reserved.