求人サイトでは効率よく稼げるために短期バイトが人気です。短期バイトは職種も様々で、肉体労働系から販売系、配布系などがあり、仕事内容はもちろん給与も千差万別です。

手に職をもつ
手に職をもつ

数ある短期バイト、職種別に検証

短い期間で効率よく稼げる方法として求人でもよく検索される短期バイト。
学生さんやフリーターさんのほか、主婦の方や副業として働いている方まで様々な人たちがこの短期バイトを選んでいます。
選ばれる理由としては1日から3ヶ月まで期間を選びやすいこと。
そして何より、日払いを融通してくれる仕事が多いからです。
冠婚葬祭など急な支出が出てしまった時にはこの日払いが嬉しいですよね。
短期バイトの職種も様々あり、高収入が手に入る肉体労働系、前日前々日に入りやすいティッシュやチラシなどの配布系、クリスマスケーキの販売や年賀状の仕分けなど期間限定のシーズン系など数多くあります。
それでは一つ一つ検証してみましょう。
まず、肉体労働系。
一見ハードな仕事と思われがちですが、時期によってはそうでもありません。
というのも大量募集する職種でもあるので、一人当たりのノルマがそれほど多くない時もあるのです。
深夜帯のシフトを選べばさらに稼ぐことが可能になります。
シーズンごとでの仕事内容は11月末から12月までのお歳暮シーズンの仕分け作業、2月から3月にかけての引っ越しシーズンの配達作業時に大量募集が行われます。
次はティッシュやサンプリングなどの配布系の仕事。
ノルマがありますが、覚えることが少なく高収入のところもありますので人気です。
ただしずっと外にいなければいけないので夏や冬は辛いでしょう。
最後に販売の仕事です。
販売の短期バイトは主に2種類の募集形態があります。
一つは登録スタッフサービスに登録する形態、もう一つは百貨店など実際に働く場所で募集する形態です。
前者は配布系同様最初の面談の時に事情を説明すればスケジュールに都合をつけることができ、後者はバレンタインやクリスマス、バーゲンセールスなどでは大量募集が行われるため採用されやすいとい特徴があります。

関連リンク



Copyright(c) 2017 手に職をもつ All Rights Reserved.