アルバイトとパートには求人広告から見てもほとんど差異はないように見えますが、労働法としては幾らか扱いに違いがあります。求人の際の応募に迷った時に参考にしてみてください。

手に職をもつ
手に職をもつ

アルバイトとパートの違いとは

求人広告の雇用形態欄ではほとんど同じ扱いであるアルバイトとパート。
この二つにははたして違いが存在するのでしょうか。
二つの雇用形態の特徴を調べてみましょう。
まずアルバイトですが、こちらは一般的に、一時的に雇われる存在であるという意味合いが強く、正社員とは待遇が全く異なり社会保険や有給休暇などの保証がほとんど存在しません。
対してパートは、労働基準法によって給与と労働時間以外は基本的に正社員と同じであると定められています。
概してパートはもともと正社員として働いていた人が、介護や育児などの理由で会社から労働時間を少なくしてもらい、雇用保険や労災保険、有給休暇、健康診断などの待遇はそのままにしてもらっているというケースが多いです。
けれど実際では会社によってこのアルバイトとパートの違いを定められており、あまり両者に違いがないというのが現状です。
ですので、一番大切なことはまず自分が働いている会社での社員、パート、アルバイトがどのように定義されているのか、労働時間や賃金、業務内容、労働条件などを労働契約や就業規則から照らし合わせ、それぞれの生活や希望に沿った労働環境を作り上げていくことです。
求人広告でもしアルバイトとパートタイム両方を募集しているところがあったら、必ず労働条件などを確認してどちらに応募するかを決めるようにしてください。

関連リンク



Copyright(c) 2017 手に職をもつ All Rights Reserved.