アルバイトの時給をアップするにはまず作業ではなく仕事を探してみましょう。作業中にふと感じた不便さなどからアイディアは湧いてくるはずです。幾つか提案と実行を試みて、時給アッ

手に職をもつ
手に職をもつ

アルバイターの時給アップ計画

社員たちの給与はおよそ10年間で10万円アップします。
対してアルバイトは5年ほどで約200円です。
なぜこれほど大きな差が出てきてしまうのでしょうか。
その理由は社員が「仕事」をしているのに対してアルバイトは「作業」をしているからです。
ここでいう「仕事」とは会社の利益のために考慮、判断して実行することにあります。
そして「作業」とはそこから考えだされた案をもとに作られた目的達成のための行程です。
以上のことから、社員であってもアルバイトであっても給与のアップには「仕事」をすることが欠かせないということになります。
つまり、時給アップにはどうすれば会社や店の利益が上がるのかを自発的に考える必要があるということです。
まず会社にはなにが必要か、なにが足りないのかを考えましょう。
最初に見せてもらった求人広告に大抵会社の目指しているものが書かれています。
次にそれを補うには自分にはなにが出来るのかを考えましょう。
特に難しいことは考えずに普段の自分の仕事からもっと効率的で効果的な方法を一つ二つでも思いついたことがあるはずです。
また、ビジネス書などを読んで、そこに参考になる案があればそれをもとに上司に提案してみましょう。
この場合確かな実績の資料があるので採用されやすくなるはずです。
幾つか提案が受け入れられるようになったらその時に上司に時給アップを交渉しましょう。

関連リンク



Copyright(c) 2017 手に職をもつ All Rights Reserved.